HOME >NGコンテンツ > 早すぎる直アド要求

早すぎる直アド要求は嫌われれる

最近の出会い系サイトの繁栄の理由のひとつとして、直アドを知られずにサイト内もWebメールを使用して気楽にメール交換できるということが挙げられます。

女の子は、迷惑メールが大量に来たりしないか、あるいは好まない男性に付きまとわれたりしないかとても警戒します。

実際は、直アドから個人情報を知られれるようなことはないのですが、女の子はその辺りのことをあまり良く知りません。

従って、見知らぬ男性に直アドを知られることをとても嫌がる女性が大部分です。


男性はサイト利用が有料のためメール送信する度に費用がかかります。

ですので、一刻も早く直アドでメール交換したいと思うのですが、簡単に直アドを教えてもらえることは少ないです。

そのため、直アドを初回はもちろん数回程度のやり取りで聞き出そうとすると嫌われる可能性が高く注意が必要です。

特に、無理やり強要したり、ポイントがないから直アドでメールしたいというと嫌われる可能性が高いですね。


かといって、現実問題いつまでのサイトのWebメールでは費用がかかってしまいます。

どうしたらいいかというと、なるべく早く面接できるように心がけるべきです。

何回かやり取りしたら、デートに誘うようにします。

女の子の目的のメル友探しをしているならともかく、普通は会うことを目的としています。

ですので、できる限り警戒心を取り除く努力をすれば会うことはそれほど難しくありません。


面接に至るまでに直アドを交換しなければならない理由はなく、直アドにこだわることによって、かえって女の子の警戒心を高め成果を得ることが遅れてしまう場合があるのです。

管理人の経験上、直アド交換などしなくても全然普通に面接することが可能でした。

つまり、出会い系サイトは、面接よりも直アド交換の方がハードルが高いのです。