HOME >NGコンテンツ > 当たり障りがないメールが無難

当たり障りがないメールが無難

メール内容で注意することは、あまり立ち入った内容のメールや相手が気に触るメールを送らないとうに注意した方がいいです。

出会い系サイトは面識が全然なくメール以外接点がないため、メール内容のちょっとしたことで女性が気分を害し、心を閉ざしてしまうことや、嫌われて終わりになってしまうことがよくあります。

女性はメールの全体の内容の中で、特に気になる部分のみに目がいってしまい全体を見ない傾向にあります。

全体的な文脈の中で特に問題なくても、一部分気に障ることが書いてあると、その一点に凝固してしまうわけです。

そのため、一箇所でも気を悪くするようなことがないようにしなければなりません。


一度、気分を害してしまうと今までに一面識のないわけですから、修復は極めて困難です。

ですので、メール内容はできる限り当たり障りがないものとし、嫌われることがないよう注意した方がいいですね。


管理人もちょっとしたことで、気分を損ない着拒されたことが何度かありました。

イククルという人気出会い系サイトで知り合った子とメル友になったのですが、ある時彼女が写メを送ってくれました。

この写メの論評が一番難しいのです。

何も論評しないこともまずいですし、迂闊に論評すると致命的な結果になりやすいです。

で、そのもらった写メですが、お世辞にもいいとは言えないものでした。

管理人は、その写メに対して、『顔がわかると安心できる、ありがとう』といった趣旨の返信をしました。

それが、気に障ったのが、『不細工でごめんね』とか半狂乱のメールが送り返されてきました。

どうも、可愛いと綺麗とか言って欲しかったみたいです。


このように、無配慮なメールは致命的な結果を招くことが多く慎重であるべきです。

万一、こちらから送ったメールで相手が気分を害したようなら、話題を変えることが懸命です。

あれこれ、いいわけしたりしても修復することは困難で泥沼に嵌るだけです。